商社

商社の仕事内容とは【現役商社マンがお答えします】

投稿日:2020年6月20日 更新日:

商社の仕事内容とは【現役商社マンがお答えします】

おはようございます、ゆーじです。

あなたはこんな疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 商社はどんなビジネスをしているの?
  • 商社に入るとどんな仕事を任せられるの?

そんな疑問に対して、現役商社マンの私がお答えしたいと思います。


スポンサーリンク

商社の仕事内容とは

商社の仕事内容とは

商社のビジネスは「トレード」と「事業投資」の2つに大別されます。

1.トレード

トレードとは、端的に言えば、モノの売買のことです。

「商品を安く仕入れて、高く売る」という商売の基本とも言えるビジネス形態であり、商社の伝統的なビジネスとして位置づけられています。

例えば、自動車を1台150万円で仕入れて、これを170万円で売れば、差額の20万円が商社の収入になるわけです。

ちなみに、この差額のことを「マージン」などと言ったりする場合があります。

さらに、トレードにも様々な形態があり、

  • 日本の製品を日本企業に販売する国内取引
  • 日本の製品を海外に輸出する輸出ビジネス
  • 海外の製品を日本に輸入にする輸入ビジネス
  • 海外のA国の製品を海外のB国に販売する三国間貿易

があります。

様々な取引形態がありますが、「安く仕入れて、高く売る」ことで利益を得るという点では、全て同じです。

トレードの利益を大きくしようとするならば、マージンの金額を大きくすることも考えられますが、マージンを得る回数を増やすことも1つの手段です

例えば、

「原材料メーカーAが原材料を作り、
部品メーカーBはその原材料で部品を作り、
テレビメーカーCがその部品を使ってテレビを作る」

という一連のサプライチェーンがあったとします。

ここで商社がより多くの利益を得ようとするならば、
メーカーAから原材料を買ってメーカーBに売ること
によりマージンを得るだけではなく、さらに、
メーカーBから部品を買ってメーカーCに売ること
でもマージンを得れば良いのです。

つまり、一連のサプライチェーンにおいて、商流に何度も介在すれば「安く仕入れて、高く売る」という行為を行う回数が増えるため、商社の利益が増大します。

だからこそ、「川上から川下まで」という言葉で表されるように、商社は、一連のサプライチェーンに介在しようとするのですね。

2.事業投資

事業投資とは、その名の通り、事業に投資することです。

「事業に投資する」と一言で言っても、そのやり方は色々あります。

例えば、

  • 事業を譲り受ける
  • 他社を丸々買収してしまう
  • 他の企業と共同してジョイントベンチャーを作る

などなど。

さらには、単に買収などをするだけではなく、商社から経営者を派遣して実際に経営に手を出すことにより、買収先の利益を増大させたり、企業価値を向上させたりもします。

こうやっていく中で、商社としては、買収先から得られる配当や、企業価値が向上した買収先企業を売却することによって、利益(売却益)を得ます。

もちろん、「買収したけれど想定していたほど利益が得られず、むしろ損をしてしまう」というケースもあります。

「投資」ですから、どうしてもマイナスが生じてしまうリスクはありますが、成功すれば、大きな利益を得られるのが事業投資の特徴です。

まとめると、「トレードで手堅く稼ぎつつ、事業投資で大きな利益を狙う」のが商社のビジネスといえるでしょう。

商社マンとしての仕事内容

商社マンとしての仕事内容

ここからは、個人にフォーカスして、商社に入るとどんな仕事を任せられるのかについて考えてみます。

結論、人によって千差万別です。

その理由は、「商社」といっても、その中には沢山の部署がありますし、1つの会社として利益をあげるためには、様々な仕事をやる必要があるからです。

例えば、あなたが営業部に配属され、トレードを担当することになれば、製品の仕入れや販売、製品に関するクレーム対応などを任されるでしょう。

あるいは、事業投資を担当することになれば、投資先との契約交渉であったり、投資先の管理(売上や利益といった数字の把握など)や、投資先の状況を経営層に報告したりすることを任されるでしょう。

もしくは、そもそも営業部に配属されず、コーポレートに配属されるかもしれません。

コーポレートにも様々な部署・職種があります。

  • 各部署や各子会社の売上などの数字をまとめ上げる経理。
  • 税金を計算し、あるいは節税策を考える税務。
  • 給与計算や人材採用に奔走する人事。

などなど。(※他にも沢山あります)

どの部署に配属され、どの仕事を担当するかによって、
「ひたすらエクセルに数字をまとめる」
「税法を勉強しつつ節税策を考える」
「採用セミナーで駆け回る」など、
自分が実際にやる仕事は大きく変わってきます。

このように、同じ会社であっても、人によってやっている仕事は全然違います。

・・・そういえば、社内で異動した先輩社員が「仕事も働き方も全然違う。まるで転職したようだ」と話していましたね。。。

総合商社の仕事内容は分からない!?

総合商社の仕事内容は分からない!?

上記の通り、個人レベルで考えると、商社での仕事は千差万別なわけですが、総合商社ともなれば、さらに輪をかけて仕事内容が異なってきます

総合商社は、様々な業界でビジネスを行い、多種多様な商材を扱っています。

総合商社が扱うものと言えば、コメ、トウモロコシ、大豆、コーヒー、酒、石油、電子機器、飛行機、ヘリコプター、プラント、果ては防衛機器(軍事製品)まで、列挙しても列挙しきれません。

同じトレードをやるにしても、例えば「飛行機を扱うのか、石油を扱うのか」によって、注意すべきポイントや業界での常識は異なりますし、付き合う取引先の雰囲気や働き方まで変わってきます。

事業投資であっても同じですね。

「どういった業界のトレンドがあり、どこに投資すれば儲かるのか」みたいな話は、業界が異なれば、大きく変わってきます。

コーポレートであっても、例えば、法務であれば、どの商材を扱う案件かによって、契約書を読む際に注意すべきポイントや、「譲れる契約条件・譲れない契約条件」も変わってくるわけです。

このように、総合商社ともなれば、人によって、扱う商材・付き合う業界・考えていること・働き方などが全然違うわけであり、他の人が何をやっているのかをすべて把握することは困難です。

総合商社に勤める商社マンが「自分の会社が何をやっているのか」と聞かれたならば、自分が担当している仕事については話せるでしょうが、会社全体でやっていることを全て把握している人は、恐らくいないんじゃないでしょうか。。。

よく学生さんが「商社は何をやっているのか分からない」と言っていたりするみたいですが、ある意味、それは当然だと思います

だって、そこに勤める人間でさえ、よく分かっていないのですから。笑

(まぁ、考え方を変えれば、それだけ様々なことをやっている会社だと言えたり、やれることが多い会社であるとも言えますが・・・)

まとめ

といったところで、まとめると次の通りです。

  • 商社のビジネスは「トレード」と「事業投資」の2つ。
  • トレードは、安く仕入れて高く売ることで儲ける。
  • 事業投資は、投資して配当や売却益で儲ける。
  • 個人レベルで見ると、仕事内容は人によって千差万別。
  • 「商社は何をやっているのか分からない」は、ある意味、当然だと思う。

それでは、今日はこのへんで。読んでいただき、ありがとうございました。

[あわせて読みたい]
商社の各部署の仕事内容【部署が違うと別の会社です】
とある商社マンの一日【現役商社マンが公開します】
総合商社の年収【高すぎて社畜を生んでいる】

一度きりの人生、後悔したくないのなら↓

意外と知らない?転職活動のメリット

-商社
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

商社マンでも酒が弱いヤツがいる!?【お酒の場でしか得られない情報もあると思います】

おはようございます、ゆーじです。先日、下記のようなツイートをしました。 商社マンでもお酒弱い人はいるけど、やっぱりお酒強い方がお得だと思う。(良いか悪いかは別として)酒の席でしか聞けない情報や、話せな …

商社マンがとっておくべき資格【最低限はこれは欲しいです】

世界各地でビジネスをする商社マン。体力はもちろんのこと、さまざまな知識が必要とされます。では、そんな商社マンがとっておくべき資格とは何でしょうか?今日は商社マンがとっておくべき資格について述べていきた …

商社マンの英語力【英語力が微妙でもやっていける理由】

おはようございます、ゆーじです。あなたはこんな疑問をお持ちではないでしょうか? 商社マンの英語力って、ぶっちゃけどうなの?商社マンってみんな英語得意なの?英語力が微妙な商社マンは、何故やっていけるの? …

とある商社マンの一日【現役商社マンが公開します】

おはようございます、ゆーじです。突然ですが、あなたはこんな風に思っていませんか? 商社マンの一日がどんな感じか知りたい。できれば、元商社マンの話じゃなくて、現役商社マンの話が知りたい。 本記事では、現 …

商社は飲み会が多い?【結局は人によります】

商社は飲み会が多いと聞いたことはないですか?私自身も就活していたときにそのような話を聞いて「商社は飲みが多いのか~」「自分はついていけるかな~」と思った記憶があります。今日はそんな商社の飲み会事情につ …