商社

英文契約書ぐらい読めるよね!?【苦手なことでも慣れますよ】

投稿日:2019年11月25日 更新日:

英文契約書ぐらい読めるよね!?【苦手なことでも慣れますよ】

おはようございます、ゆーじです。

先日、下記のようなツイートをしました。

  • 商社マンは(人にもよるけど)英文契約書をよく読む。
    契約書独特の英語(shallを「〜しなければならない」と訳すなど)を読まないといけないし、数十ページに及ぶ文章量があったりするので、なかなか骨が折れる。
    しかし、世界を相手に戦うなら通らねばならない道。 今日もコーヒー片手に読もう。

世界を相手に戦う商社マンは、英語の契約書にも立ち向かわなければなりません。

今日は、そんな英文契約書に関連して、徒然なるままに述べてみたいと思います。


スポンサーリンク

英文契約書ぐらい読めるよね!?

商社マンは、多くの場合、英文契約書を読む場面に出くわすことなります。

世界を相手に戦う商社で働いているわけですから、「契約書は日本語でしか読めないよ~」なんて言っていては話になりません。

もちろん、「一生国内のビジネスしかしないから、英語の契約書に触れることなんて無いよ」という人もいるとは思いますが、それはなかなか珍しいパターンだと思います。
(せっかく商社に入ったのに、国内のビジネスにしか携われないというのも、商社マン人生としてどうなのかという気もしますが、、、)

私自身も、100を超える英文契約書を読んできました。
(余談ですが、日本語の契約書も合わせれば、数百という数の契約書を読んできたと思います。)

私の場合は、「法務職を経験しているから」というのが上記の膨大な数の理由になっているわけですが、とはいえ、法務職を経験していない人でも、英文契約書を読んだことがある人は多いと思います。

というか、商社である以上、貿易をやっているはずです。

そうすると、輸入であれ、輸出であれ、何かしら海外と関わることになるはずであり、海外とビジネスを行うならば、必然的に英文契約書に触れることになります

そういった環境で働いているので、商社マンは(得意不得意はあれども)英文契約書ぐらい読めるはずなのです。

苦手なことでも慣れる話

私は、上記のように膨大な数の英文契約書を読んできた人間です。

今では、英語での契約書の読み書きもそれなりにできるようになりました。

とはいえ、初めからそんなことができたわけではなかったです。

いや、むしろ英語は苦手でした。

私自身、帰国子女でもなければ、留学経験もないし、両親ともに日本人で、日常生活で英語を使うことなんて無い環境で育ちました。

入社直後に受けたTOEICでは、まさかの480点。

さすがに落ち込みましたし、英語に対して苦手意識を持たざるを得ませんでした。

あまりの衝撃に「入社する会社を間違えた」と、転職を一瞬考えたのはここだけのナイショです。笑

とはいえ、仕事するうえで英語を使う必要があるのだから仕方ありません。

とにかく、机にかじりつきながら英語の資料を読み込み、仕事の中で英語を上達させていきました。

そうすると、2年ほどで、TOEICは600点を超えましたし、英語に対する苦手意識もかなり払しょくできました

この経験から思ったことは、当たり前ですが、「苦手なことであっても継続して取り組めば上達する」ということです。

なので、世の中の人たちで「俺は○○が苦手だから無理」「苦手だからやらない」って言っている人は、もったいない気がします。

やってみたら、あるいは、もう少しだけ継続して努力してみれば、道は開けるかもしれないのに、やる前から諦めてしまっているような気がします。

私の経験からあまり大したことは言えるとは思いませんが、それでも、やる前から諦めている人たちには「もったいない」ということに気づいて欲しくて、この記事を書きました。

まとめ

といったところで、まとめると次の通り。

  • 商社マンであれば、英文契約書は(だいたいの人が)読めるはず。
  • 苦手なことであっても(数年)継続して努力すれば伸びる。

それでは、今日はこのへんで。読んでいただき、有難うございました。

[あわせて読みたい]
商社マンの英語力【英語力が微妙でもやっていける理由】
英文契約書を読むのに知っておくと役立つ表現【契約書でしか見ない独特な表現もあります】

一度きりの人生、後悔したくないのなら↓

意外と知らない?転職活動のメリット

-商社
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語できない商社マンもいる!?【商社マンが英語を勉強する理由はこれです】

おはようございます、ゆーじです。突然ですが、あなたはこんな疑問をお持ちではないですか? 英語できない商社マンもいるの?商社マンは就職してから英語を勉強するの? 本記事では、そんな疑問にお答えしたいと思 …

商社の一般職の転職【商社一般職への転職が難しい理由も述べます】

おはようございます、ゆーじです。あなたはこんな疑問をお持ちではないでしょうか? 商社の一般職が転職することはあるの?商社の一般職として得たスキルで転職に使えるものはあるの?商社の一般職に転職することっ …

「場を作る」のが付加価値!?【商社は「場を作る」ために必死で調整しています】

おはようございます、ゆーじです。先日、下記のようなツイートをしました。 「場を作る」のが商社マン。案件に関わらせた方が良いであろう取引先を見つけ、話を打診し、実際に多数の取引先をまとめ上げてビジネスを …

商社マンは持ち家より賃貸の方が良いのではないか論【自説を唱えてみます】

長い人生を考えるにあたって、「衣食住」の「住」について考えるときが必ずやってくるわけですが、商社マンは持ち家よりも賃貸の方が良いのではないかと思います。今日は、そんな「商社マンは持ち家より賃貸の方が良 …

商社マンの英語の勉強【商社に入るための英語力とは】

おはようございます、ゆーじです。あなたはこんな疑問をお持ちではないでしょうか? 商社マンって英語の勉強はするの?商社マンになるためには、どれくらい英語力がいるの? そんな疑問に対して、現役商社マンの私 …